小説宝石「シネマの警察官」挿絵 / 2018年11月

 

小説宝石12月号で弐藤水流さんの「シネマの警察官」の挿絵を担当しました。

警察署内の総務課のような部署に勤務する、映画が好きな警察官が、事件?を調べていくお話です。

「光と影」というキーワードが物語の中にあったので、デスクでのシーンを陰影強めに描きました。

 

小説宝石2018年12月号 光文社

 

 

小説宝石「シネマの警察官」挿絵 / 2018年11月

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です